チャットレディの脱毛費用は経費にできる? | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディの脱毛費用は経費にできる?

チャットレディの脱毛費用は経費にできる?

チャットレディの脱毛代は経費にしても問題ない?

チャットレディをするのなら、仕事に必要なものを購入した場合は経費に計上できます。経費にすることで、納める税金の額を抑えることができるので、仕事に必要なものを購入したときは、必ず経費にするようにしましょう。

この経費ですが、どんなものでもできるわけではありません。仕事をする上で必要なものしか経費に計上できないのです。

自宅でチャットレディをするための電気代やネット代などは、仕事に必要な出費なので経費にできます。では、チャットレディが行う脱毛費用はどうなのでしょうか。

この記事では、「脱毛費用は経費にできるのか?」という話を中心に、経費について解説していきたいと思います。

チャットレディの脱毛費用の経費の前にまずは確定申告を知ろう

経費の話をするには、まず確定申告について理解していなければなりません。ここでは、チャットレディも行う必要がある確定申告について解説していきます。

義務がある人は毎年決められた時期に確定申告をする

確定申告は誰でも必要になるわけではありません。専業のチャットレディは年間48万円を超えたら、副業のチャットレディは年間20万円を超えた場合は確定申告をして税金を納める必要があります。

この金額は、収入から必要経費を差し引いた所得で計算することになります。給料としてもらった全額で計算するのではなく、給料から必要なものを購入した額を差し引いた額で決められるのです。

稼いだ全ての額で計算すると勘違いしている人がいますが、そんなことはありません。

確定申告には白色申告と青色申告がある

確定申告をするときは、自分で確定申告書を制作して税務署に提出します。確定申告をするときは、白色申告と青色申告というものがあり、この2つには、確定申告書の作成方法や受けられる控除額などに大きな違いがあるものです。

特に、基礎控除以外の特別控除額に違いがあり、青色申告では最大65万円の控除を受けられます。控除とは、収入から差し引ける額で、「仮に年間165万円稼いだとして特別控除額が65万円なら年間所得は100万円になる」というものです。この100万円の部分にしか所得税の計算がされないことになります。

白色申告には、この特別控除はありません。青色申告をするのは、事前に申請を行う必要がありますが、白色申告をするよりも納める税金を減らすことができるので、チャットレディをするなら是非青色申告をして欲しいと思います。

確定申告をしなければ追加で税金が加算されるので絶対に忘れずにしよう

たまに、「確定申告をしてもバレないだろう」と考えて、確定申告をする義務があるのにこれを怠る人もいます。しかし、義務がある人がしないでいると、本来納める額以上の税金を納めることになるので、義務があるのなら必ず行うようにしましょう。

また、たとえ給料を手渡しでもらっていても、税務署はお金の流れを把握できています。「手渡しだから確定申告をしなくてもバレないでしょ」とは考えず、確定申告が必要な所得を得ているのなら、忘れずに行いましょう。

チャットレディの脱毛費用って経費になるの?

では、チャットレディをする上でどんな費用が経費になるのでしょうか。「脱毛費用を経費にすることはできるのか?」という部分も同時に紹介していきたいと思います。

問題なく経費にできるもの

まずは、問題なく経費にできるものをいくつか挙げていきます。

在宅でこの仕事をするなら必要になるパソコンやスマホ。こちらを購入したのなら、この費用は経費として計上可能です。ネット通信を要するので、その費用を通信費として計上できるでしょう。

また、化粧品や衣装代、さらにアダルトチャットで使う下着などは雑費や消耗品費として経費にすることができます。さらに、事務所やチャットルームに通勤しながら働いている女性は、このときの交通費も経費にして問題ありません。

後ほど紹介しますが、経費にするのなら領収書やレシートなどの証拠が必要になります。この仕事をする上で必要なものを購入した場合は、領収書やレシートをもらうのを忘れないようにして下さい。

脱毛代全額は難しい

では、脱毛費用はどうなのでしょうか。お客さんに肌を見せるからこそ綺麗にしたい気持ちはわかりますが、脱毛費用を経費にできるかどうかは、かなり意見が分かれるものです。

「脱毛費用はもちろん経費にしている」という人もいれば、「税務調査が入ったときに否認されそうだから経費にしていない」という人もいます。

また、全額経費にするだけではなく、プライベートと仕事で使う分を分ける按分をしている人も多いです。仕事をする時間に応じた割合で按分をすることで、全額ではなく何割かを経費にしている人もいます。

脱毛代は判断が分かれるので税理士に相談するのがいい

「脱毛費用を経費にできるかどうか?」という部分は意見が分かれるものになります。脱毛費用を経費にできるか気になる人は、税理士に話を聞くのがおすすめです。

税理士は税金のプロです。他にも確定申告や税金についていろいろ教えてもらえるので、困ったときは是非税理士に頼ってみて下さい。

チャットレディがする脱毛費用を経費にするために必要なこと

チャットレディが脱毛を経費でするためには、いくつか守るべきことが存在します。ここでは、その部分について解説していくので、是非参考にしてみて下さい。

領収書は必ず保管しよう

これは脱毛に限らず、経費にしたいものがあるのなら絶対に必要になります。領収書がなければ、購入した証拠を残せません。

後に税務調査が入ったときに、領収書を出すことでそのものを購入した証拠になります。領収書はもらうだけではなく、無くさないように保管するようにしましょう。

全額経費にするのはやめたほうがいい

先ほども紹介した通り、脱毛費用を経費にするというのは、意見が分かれるものです。特に、全額経費にするというのは難しく、プライベートと仕事の割合で按分する必要があります。

全額経費にしたり経費にする割合が高すぎると、それだけで税務署から目を付けられることもあるので注意が必要です。

チャットレディをしていると税金関係で悩むことが多々ある

これまで会社勤めで給与所得者だった人が、チャットレディをするとなると、税金関係の部分で悩むことが多くなります。「確定申告ってどうやればいいの?」「これって経費に入れていいのかな?」など、疑問が次から次に湧いてくるものです。

他にも、扶養の問題、雑所得の申告方法、住民税の納付など、税金関連で考えることはいろいろあります。しかし、本業でチャットレディをするのなら個人事業主として働くことになるので、これらは全部きちんと行う必要があるものです。

税金関係の問題をクリアにしたいのなら、税理士に相談できる環境を整えておくことをおすすめします。税理士に相談することで、わからなかったポイントも理解できるようになるでしょう。

税金関係の問題は理解が不十分だと、ミスをして追加で納税する必要があったり、大きな損をすることもあります。そう考えると税理士に支払う報酬はそこまで高いものではないと考えられるでしょう。

税金の部分で悩んでいるチャットレディは、税理士に相談できる環境を整えることをおすすめすします。

チャットレディの代理店は脱毛費用を経費にできるかを学べる

「税理士に相談できる環境で働きたい」という女性は、チャットレディの代理店に登録することをおすすめします。チャットレディAlice仙台では、顧問税理士を用意しており、登録している女性たちの税金関係の問題をスムーズに解決できる環境を整えてくれています。

確定申告の時期になると、手厚いサポートも受けられますし、この記事で紹介した「脱毛費用を経費にできるのかどうか?」という疑問にも答えてもらえるでしょう。今まで会社勤めをしていて、初めて確定申告者になる人は不安に感じることが多々あると思います。チャットレディAlice仙台に登録することで、その不安を綺麗に取り除くことが可能です。

こちらの代理店では、他にもチャットレディに対する多くのサポートを用意しています。チャットレディの仕事だけに集中したいのなら、是非チャットレディAlice仙台を選んで働いてみて下さい。

2021年11月26日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP