本業バレが心配!チャットレディってマイナンバーが必要なの? | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


本業バレが心配!チャットレディってマイナンバーが必要なの?

チャットレディとマイナンバーの関係について

本業バレが心配!チャットレディってマイナンバーが必要なの?

2016年からスタートしたマイナンバー制度。国民一人ひとりに個人番号が与えられ、行政の効率化などを図るものです。

仕事を始めるなら提出することが多いマイナンバーですが、チャットレディをするときも必要なのでしょうか?「マイナンバーを提出したら副業がバレるか心配」だったり、「マイナンバーを提出したら家族にバレるかも」だったりと、不安に感じる人も多いでしょう。

この記事では、そんな人のためにチャットレディの仕事とマイナンバーの関係について解説していきたいと思います。マイナンバーについて知りたい人は、是非参考にしてみて下さい。

チャットレディとして働くときはマイナンバーを求められる?

チャットレディには、「できるだけ周りの人にバレずに働きたい」と考えている人が多いです。チャットレディの仕事というのは、まだまだ世間一般的におおっぴらにできる仕事ではなく、周りの人に内緒にしながら働いている人が多いのです。本業の会社だったり、家族だったり、恋人だったりと、この仕事をしていることを知られたくない人はたくさんいます。

だからこそ、「マイナンバーからバレてしまうかも?」と考えてしまうようです。ここでは、「チャットレディとして働くときにマイナンバーは必要なのか?」ということと、マイナンバー制度について軽く紹介していきたいと思います。

マイナンバー制度をさらっと紹介

マイナンバー導入は2016年から始まったものです。公平・公正な社会の実現、国民の利便性の向上、行政の効率化を目的として定められた制度となっています。国民一人ひとりに12桁のマイナンバーが与えられ、こちらの番号で個人を識別できるというものです。

基本的には便利なものですが、プライバシーの問題なども叫ばれており、このマイナンバー自体に否定的な人も存在します。

また、マイナンバーが記載されたマイナンバーカードというものも用意されており、こちらは普及率の低さが目に付きます。政府は、マイナンバーカードの普及を目的とした多くの施策を行っていますが、なかなか普及が広まらないのが現実です。

チャットレディで働くときにマイナンバーの提出は求められない

結論から言うと、チャットレディをするときは基本的にマイナンバーを提出することなく働けます。面接のときに個人情報が記載された免許証や保険証などを求められることはあっても、マイナンバーを求められることはありません。

なので、「マイナンバーを提出するのが怖くてチャットレディで働けない」という人でも、安心して面接を受けに行って問題ないでしょう。

なぜチャットレディはマイナンバーが不要なの?

では、なぜチャットレディとして働く際にマイナンバー提出を求められないのでしょうか?ここではその理由について解説していきたいと思います。

業務委託なので源泉徴収されないから

マイナンバーは税を算出するときに使われることが多く、源泉徴収されるような本業の仕事をする際には必要になります。

しかし、チャットレディの仕事は、業務委託として個人事業主という形で行うものなので、源泉徴収は行われません。支払われるお金は、会社員などがもらう給料ではなく報酬としてもらえます。

チャットレディという仕事の性質上、マイナンバー提出の必要はないのです。

必要ないのに求めてくる悪質な事務所もあるので注意しよう

しかし、本来必要ないはずのマイナンバーを求めてくるようなライブチャットサイト運営会社や事務所も存在します。このようなところは、悪質なところが多く、仕事を辞めようとしたときにマイナンバーを知っていることで脅しをかけてくるような所も多いです。

マイナンバーを提出する必要がないのにこれを求める行為は法律で禁止されています。チャットレディを始めるときに、マイナンバーの提出を求められたのなら、違うサイトや事務所で働くようにしましょう。

チャットレディがマイナンバーを使うときってどんなとき?

チャットレディとして働く際にはマイナンバーを提出する必要はありませんが、一切マイナンバーを使わないというものではありません。チャットレディとして働く際に、マイナンバーが必要になる場面もあるのです。

ここでは、「どんなときにマイナンバーが必要になるのか?」という部分を解説していきたいと思います。

社会保険の加入を勧められたとき

中には、チャットレディを本業として雇って、社会保険などに加入させてくれるような事務所や代理店も存在します。社会保険に入るときは、マイナンバーが必要になるので、このときは提出しなければなりません。

しかし、社会保険への加入を勧めてくるような事務所や代理店というのはほんのわずかであり、基本的には業務委託として働くことになります。

「本業として働きたい」と考える人や、「社会保険に入れるなら入りたい」という人は、マイナンバーを提出するようにしましょう。

確定申告をするときはマイナンバーが必要になる

所得税や住民税の計算をするために必要な確定申告。1年間の所得を申告して税額を算出するものです。チャットレディをするなら、この確定申告が必要になってきます。全員が全員確定申告をする義務はありませんが、チャットレディは稼げる仕事なので、それだけ確定申告を行う義務が高い確率で発生してくるのです。

この確定申告をするときは、マイナンバーが必要になります。しかし、事務所や代理店、さらにはサイトに提出するようなものではなく、自分で確定申告書を作成するときに必要となるものです。

マイナンバーを記載するのが嫌だからといって確定申告をしないような人もいます。しかし。それでは本来納める金額以上の税金を納めることになってしまうので、確定申告の義務がある人は必ず行うようにしましょう。

確定申告をしても本業の会社にバレることはない

確定申告をするときにマイナンバーが必要になるということで、本業の会社にバレるか不安に思う人も多いでしょう。結論から言うと、対策をすることで確定申告をしても「副業として働いているのが本業の会社にバレる」というのを防ぐことができます。

その対策というのが、住民税の支払い方です。本業の会社に副業でチャットレディの収入がバレてしまうのは、主に住民税の支払い方に問題があるからと考えられます。

確定申告をするときは、住民税の支払い方には必ず気をつけるようにしましょう。

会社にバレたくないなら普通徴収を選ぼう

住民税を納める方法は2種類あります。「特別徴収」という、会社の給料から引かれるものと、「普通徴収」という自分から住民税を納めに行くというものです。

特別徴収ですと、給料から引かれるだけなので納税をし忘れるということは防げますが、副業をしていることが会社にバレるリスクもあります。逆に、普通徴収ですと、自分で住民税を納めに行くので、会社にバレることはありません。チャトレとして会社にバレずに仕事をしたいのなら、住民税の支払い方法は普通徴収にすることをおすすめします。

確定申告書に、特別徴収か普通徴収かを選ぶ項目があります。副業でチャットレディをしている人は、ここで普通徴収にチェックをするようにしましょう。

チャットレディの代理店はマイナンバーについて詳しく教えてくれる

チャットレディの業界には、安心して働けるようにサポートをしてくれる代理店というものが存在します。この代理店に登録することで、余計なことを考えることなく、チャットレディの仕事だけに集中することができるのです。もちろんマイナンバーや税金についても、顧問税理士などからサポートを受けられます。

特に、チャットレディAlice仙台という代理店では、マイナンバーや税金について詳しく解説しており、会社にバレずに働く方法などをわかりやすく説明してくれます。また、個人情報なども丁寧に扱う代理店なので、身バレをする可能性も抑えられるでしょう。

他には、「収入をアップさせるための秘策」だったり、「副業のチャットレディでも短時間で稼ぐ方法」も教えてくれます。他の代理店ではしてくれないこともサポートしてくれるので、安心して働けるでしょう

「余計なことを考えずにチャットレディの仕事だけに集中したい」という人は、是非チャットレディAlice仙台に登録してみて下さい。

2021年6月24日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP